FC2ブログ
 
■プロフィール

MAMEFUTATSU

Author:MAMEFUTATSU
TORU(Vocal/Acoustic Guitar)とARISA(Piano,Keyboard/Chorus)による音楽グループ。

2015年7月、結成。
2016年9月、初音源集「SOUNDSCAPE」を発表。
2019年2月、New Album「I Will Never Die」を発表。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
Stand by me
幼い頃、寝ていた部屋にあった時計の秒針の音でよく眠れないことがあった。

そんな時は階下で寝ている両親の布団に潜り込んだものだ。

人というのは勝手なもので、そばにいて欲しい人は、その時々で変わる。

物心つく少年は、親が疎ましくなり、友達が最高のパートナーになる。

アメリカの片田舎、それぞれ複雑な環境で育つ4人の少年たちが列車に轢かれた死体を探しに旅に出る「stand by me」という映画。

僕の中で一番の映画。

その映画の終盤で、主人公が少年時代を回想するシーンでこんなことを言った。

「あれから彼らに勝る親友とは巡り合っていない。」

まさにその通りなんだ。

少年のパートナーはやがで恋人になり、夫婦になり、どうどう巡って我が子にずっとそばにいて欲しいと思う。

それでも少年時代に同じ景色を見た友人は、僕の頭の中にある特別な色彩のフィルムの中で輝き続けている。





テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

音楽活動なんです | 22:02:35 | コメント(0)
涙腺
久しぶりの人に再会し、別れ際に手作りのお菓子をもらった。

車の中で食べると、その人の人柄、優しさが伝わってきた。

食べるということで、涙腺が緩むっていうのもあるんだ。

そんな遠く忘れていた感覚を思い出させてくれた。

どうもありがとう。

また、元気に会いましょう。

IMG_8641.jpg



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

徒然なるままなんです | 20:11:07 | コメント(0)
練習
練習だ。

別にどこでだれに披露するってわけでもない。

ただそういうものなんだ。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

音楽活動なんです | 21:57:13 | コメント(0)
アーメン、ラーメン、ひやソー麺
「気の持ちよう」という言葉がある。

目まぐるしく動いていく時代の只中にある昨今、この言葉がふつふつと頭に湧いてくるのだ。

ネットやテレビ、ラジオ、雑誌、隣人からの見聞、一つの物事に対する回答として、今や100通りの答えが返ってくる。

どれが正解で不正解なのか、最早誰にも分からないことがほとんどだ。

あらゆる答えの中から、取捨選択してそれぞれが自分の腑に落ちる事柄を探す。

でも一体自分が選択する答えとは何だろう。

なぜ、自分はその答えを選択したのか。

おそらく遺伝的な要素、自分の生い立ち、受けてきた教育、印象的な出来事などなどが関係してくるのだろう。

そういう事が頭の中で縦横無尽に駆け巡り、「それ」を選んでいるに違いない。

裏を返せば自分にとって最も理解し易い「それ」を自ずから定義づけていることにもなる。

こうなってくると自分も容易く信用できない。

ぐぐぐ。

しかし。

そこで「気の持ちよう」だ。

不確かな自分と答えのない「それ」の間で、「気の持ちよう」は気休めから自分が内包している世界を一変させるまでのマントラにもなり得る。

要は、怖いと思えばかぼちゃも怖いし、美しいと思えばドブネズミでも美しい。

これは、これからの時代にめちゃくちゃ重要になってくる気がする。

アーメン、ラーメン、ひやソー麺。







テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

徒然なるままなんです | 21:11:24 | コメント(0)
土地は我が体の欠片なり
あれよあれよという間に秋めいてきた。

実際に「あれよ、あれよ」などと口走ってみたことなどないが。

夏の間にお世話になった野菜たち。

きゅうり、オクラ、とまとなどを片付けた。

これからは秋冬に向けて種を蒔く。

土地で育ったものはやがて、自分の体の一部となる。

住う土地と仲良くしてください。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

徒然なるままなんです | 20:26:40 | コメント(0)
前のページ 次のページ