■プロフィール

Author:MAMEFUTATSU
2015年結成。

田中亨(Vocal/Acoustic Guitar)とARISA(Piano,Keyboard/Chorus)による音楽グループ。

2015年7月結成・活動開始。
2016年9月10日、NEW ALBUM「SOUNDSCAPE」を発売。
世界にマメワールドを発信!!

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
御つまみさん
ごきげんよう。

男は黙ってもめん豆腐。

絹豆腐なんて、何だかお高くとまっているではありませんか。
シルクだなんて、何だかわたくしは気恥ずかしくなってしまいます。
お酒のおつまみといえばすぐに思いつくのが当該食物でございます。

いや、けれども「おつまみ」ってなんでしょうか。
思わせぶりな言葉じゃありませんこと。
「御つまみ(おんつまみ)」ってことですか。そんな思わせぶりな命名をしてしまえば、今宵おつまみとなる食物たちが狂乱およびパニックを起こし、渋谷駅前等に徹夜して集合し、徹底的に人類のおつまみとならんことを表明の上ボイコットし、おつまみの新たな夜明けを模索するデモクラシーを声高に叫ぶに違いない。いや、もう叫び声はわたくしには聞こえます。
「御」などと不用意に崇め奉られた矢先、「鼻つまみ者」、「女のつまみ喰い」などに言われる粗野、下劣な言語をドッキングさせられてしまうのでありますから。

土台、我々人類は、おつまみの意義、存在および社会的地位を軽んじてはこなかっただろうか、という疑問が不意に頭をよぎるのである。その顕著な例が「お通し」である。
お通しとは何か。
往々にして巷の酒の飲みどころにおいて無償で提供されており、とりあえずいまからご飯の準備しますから、何もないですけれど時間つぶしにこんなものでも食べててつかあさいやぁ、といったあんばいで提供されるのがそれである。
さしずめおんつまみさんの心持としては、卑しい身分となり果てて、こんな体たらくでは国にも帰れん、といったところではないか。
いっそのこと割りばしの箸袋さそって心中したろかい、といったところではないのか。

酒をたしなむ者は今一度考えをあらため、このようなおんつまみさんの環境及び処遇改善を率先して行わなければならないのである、というのが我が内なる言葉である。
おんつまみさんをいただくときは、メインディッシュの面々と同様に柔らかな、本日一番の笑顔出ました、というように。
時には、笹の葉や造花を添えて。心も添えて。

そう絹豆腐こそ気高きおつまみとしての心意気を備えた食物の化身と心得たり!!
わたくしの矛盾!!ほっておいてくらはい!!

きょうのおんつまみさんは、えいひれなり。
えいのひれってどこですか。水族館でみるえいはきもちわるかわいいですね。
えいひれのうたをつくったり、歌ったりしてみたいです。

またね。

ラビン・ユー。



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

徒然なるままなんです | 19:07:37 | コメント(0)
とりあえず焼酎
こんにちは。

はにまる王子ことMAMEFUTATSUの兄です。
あなたもマツコの顔を週一回は見たくありませんか?

さて近頃のわたくしはというと、音楽的には徹底して無活動状態であります。
さしずめ凪の上の船、山荘の狩人、明け方の灯台守といったところでしょうか、今日もおもちゃ屋でがちゃぽんの中をのぞき込んだりしながら、ふらりふらり彷徨しております。
何か気乗りしないまま駄作をつくるよりは、鹿児島県産のさつま芋を100%使用した焼酎を片手に、マツコの鋭い考察に共感したいのですよ、君。(堕落の兆し)

焼酎といえば、わたくしは生まれも育ちも埼玉県だけれども、父方が鹿児島県民でありますので、体内に張り巡らされた血管、神経の中をさつま焼酎が流れているようなものなのでごわす。子供の時分には親の見ていない時を計らって、酒瓶の中に指を入れて舐めてみたものです。
そういえば埼玉県は有名なお酒などあるのかしらん。秩父錦は知っとります。あKOEDOビール。

そんな日々お酒をたしなむわたくしも、ライブなど公共の演奏の場で体内にアルコールを摂取した状態で望むことはまずありまへん。これは、カシスオレンジ的優等生だからでも、ロック精神に対する逆説的な反逆(自分でもよくわかりまへん)からでもないのです。
ただ単純に演奏と声色がへたっぴになるからという理由。
しかしながら、これは誰もがそうなるというわけでもないかもしれないですね。
世界中、津々浦々の酒美神(雰囲気で勝手に命名)の御力をかりて、凄まじい潜在能力を発揮する方も中にはいらっしゃるのではないか。
わたくし(いまさらながらなぜ今日はわたくしなのか)は、ギターの演奏はまだ良いのだけれど、歌うときには自然と目をつぶって歌唱するくせがあり、意識的にはほぼいい旅夢気分状態になっていることが多いのです。
そんなところに人類が神からもたらされた劇薬を多量摂取してしまうと、わたくしの小さな脳は地軸を失い、くるくると回りだし、歌うどころか歌詞を思い出すのもままならず・・・という失態を犯してしまうのです。
アルコール摂取後のライブで意気揚々としていた記憶はございません!

なにはともあれ、日常における自分の感情や気力、運気の流れを察知して、動くときにはひたすらに、動かぬ時には苔むした道祖神のように佇んでおればよいのではないか、というのが近頃の心持である。

さてさて、今宵もとりあえず原発反対!じゃなくてとりあえずビール!からの焼酎で夜が更けてゆく。

IMG_0491.jpg
「だいすきなおともだちに囲まれて」


またね。いろべよう。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

徒然なるままなんです | 20:00:31 | コメント(0)