FC2ブログ
 
■プロフィール

Author:MAMEFUTATSU
2015年結成。

田中亨(Vocal/Acoustic Guitar)とARISA(Piano,Keyboard/Chorus)による音楽グループ。

2015年7月、結成。
2016年9月10日、初音源集「SOUNDSCAPE」を発売。
2019年1月末、New Album「I Will Never Die」を発売予定。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
I Will Never Die
新しい音源集を発売した。

「I Will Never Die」

このアルバムは永遠ということを主題として作り上げた。

過去を遡っていくと、だんだんと覚えている記憶が少なくなっていき、最終的には自分の誕生という出来事に行き着く。
もちろん誕生した時の記憶は普通の人であれば残っていないだろう。
さらに自分の誕生以前にも果てしない時間が流れてきていたはずだ。

未来を見てみる。それは願望であれ確率的に予感することであれ、これから起きるであろう出来事を想像してみる。
そして行き着くところは自分の死だ。
そこから先は分からないが、自分の居ない時間はそれからも果てしなく続いていくのだ、ということはおそらく間違いないのではないか。

もし過去と今と未来が、前後や上下や左右や新旧の関係でなく、ただ一つの円のようなものだとしたら。
時間というものは無く、始まりも終わりもないとしたら。
今、感じている想いは、過去の自分に投げかけられていたのかもしれないし、未来に投げかけられているのかもしれない。

今を生きましょう。
それが恐れなく永遠の只中に生きること。
そんな気持ちを込めて過去と未来に送った歌達。

ここに居ること、ありがとう。

I Will Never Die




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

音楽活動なんです | 15:11:26 | コメント(0)
春の旅
岬の町。

海と陸地の境界線で生きる人たち。

tiba.jpg


現実と虚構のあいだ。

この世とあの世のあいだ。

じぶんとだれかのあいだ。

tiba2.jpg

波に揺られて行ったり来たりしながら、春の日差しに倣って慎ましさを手に入れたい。






旅なんです | 19:48:17 | コメント(0)
NEW ALBUM
今月(一月)下旬に発売予定のNEW ALBUMの製作中だ。

前回作成した音源「SOUNDSCAPE」については、縁ある場所に置いていただきギフトとして無償配布する試みも行った。
初めて音源を作成した頃から、音楽を売るということについて自分の中で消化しきれないところがあり、それならば不特定多数の人に純粋に楽しんでもらおう、それだけでいいじゃないか、という想いからであった。

今回の音源については、正々堂々売ることにした。

自分達の力だけではない直接的な協力、目に見えない援助、色々な支援がそこに込められている事を再認識したので、聴衆に評価を受けてお金を得ることが、それら協力者の方への恩返しなんだなと思うようになった。

お金は全然悪くない。
大事なのは使い方。
そして音楽はいつでも素晴らしい。

NEW ALBUM「I Will Never Die」宜しくお願いします。

IMG_2262.jpg


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

音楽活動なんです | 16:14:28 | コメント(0)
親不知
年末年始にかけて、上下左右の親不知を4本抜いた。

歯を抜くのは小学生以来である。

前日などは妙にそわそわし、いざ当日の数時間前ともなれば何やらそれなりの「覚悟」を決めようぞ、という心持ちだ。

抜歯中は麻酔を打たれているので痛いという感覚はないのだけれど、色んな道具で口の中をこねくり回されているのがわかる。

ミシッという音が骨を伝って脳天まで届けば、ああ今抜けたんだな。

親不知の語源は、子供時代を過ぎて親が子育てに手を掛けなくなった青年期にさしかかる頃に生えてくるので、親もわからないうちに生えてくる「おやしらず」らしい。

親の知らない痛みをたくさん抱えながら、青年は大人になっていくのだろう。

今年も宜しくお願い致します。

IMG_2236.jpg






テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

徒然なるままなんです | 21:12:05 | コメント(0)
境界線
いつだって雲が晴れていく境界線はある。

誰しもの人生がそうであるように。

そうして生まれた日と同じ空の下で、僕らのライフは続く。

世界の裏側で誰かが悲しい雨に打たれている時、世界の裏側の僕らが太陽の賛歌で励ますことだってできるのだ。

IMG_2239.jpg


徒然なるままなんです | 11:36:56 | コメント(0)
次のページ